保育園サンプリングとは?メリット3選と事例を紹介

保育園サンプリングとは?メリット3選と事例を紹介 保育園サンプリング

保育園サンプリングとは?

保育園サンプリングとは全国の公立や私立の保育園・認定こども園で園児や保護者、保育士や教諭に販促物などの配布物を直接手渡すことです。
保育園サンプリングでは信頼している先生から説明とともに商品を直接手渡しで配布することが可能です。
そのため、ただ商品を渡すだけではなく、プロモーションで伝えたいメッセージもあわせてターゲットに届けられます。
また、保育園は先生と子どもや保護者、保護者同士がコミュニケーションをとる機会が多くございます。
そのため、保育園でサンプリングを行うことで商品を中心とした話題喚起につながるため、口コミ効果も期待できます。
現在は保護者同士のコミュニティはリアルだけでなく、SNSなどのネット上にも広がっており、情報の拡散力も高まっているため、同じ属性のターゲットに広く商品を認知させることが可能です。
保育園サンプリングは配布したターゲットに対してだけでなく、商品や企業の認知、信頼性を広く高められるプロモーション手法です。

ルート 保育園・幼稚園・認定こども園
ターゲット 園児、保護者、保育士、教諭
展開方法・場所 教諭から園児、または保護者に手渡し配布
園内スペースに設置
配布数 MIN5,000部~MAX1,500,000部
1施設平均人数 100人~200人
展開エリア 全国(都道府県でのセグメントも可能です)
実施期間 1クール約1か月~
実施メニュー ・常温、保冷商品サンプリング
・園内スペースにてタッチ&トライ
・施設内ポスター掲出
・アンケート
実施料金 実施内容により異なるのでお問い合わせください
お問い合わせはこちら

注意事項
※アンケートは個人情報を伴わない物に限ります。
※実施料金 プロモーション内容により異なりますので、詳細つきましてはお問い合わせください。
※サンプリングの内容、商材により、実施可否およびMAX数は変動します。
※配布ツールは受取手が持ち帰りやすい重さ/荷姿でご用意ください。

資料ダウンロードはこちら
お問い合わせはこちら

保育園サンプリングのメリット3選

メリット1【話題喚起になる】

保育園サンプリングの特徴は販促につながるだけでなく、話題喚起につながることです。
配布は先生から子ども、もしくは保護者に直接配布を行います。
その際、子どもに手渡した場合、園児同士で話題になり、退園する際に保護者に今日起きた出来事として園からもらったプレゼント品について園児と保護者のコミュニケーションが行われます。
園児から直接保護者に商品の魅力を話してもらうことで、保護者の商品の関心を引き出すことにつながります。
先生から保護者に手渡した場合、先生と保護者の間でコミュニケーションが行われます。
先生に本商品を渡すことで起きる子ども、保護者へのメリットを伝えておくことで保護者に商品の魅力が十分に伝えられます。
また、保護者に商品が渡った際、ママ友(保護者)同士での話題喚起にもつながります。
保育園は園児のお迎えや保護者会などで保護者同士がコミュニケーションをとる機会が多くあります。
気になった商品についてはママ友同士で話すことも多く、信頼性が高まった商品はママ友コミュニティ内で情報の拡散が見込めます。
どういった形でターゲットに商品が渡っても商品を中心としたコミュニケーションにつながるため、保育園でのサンプリングは商品の信頼性を高められるのが特徴です。
 

メリット2【商品の関心を引き出しやすい】

直接信頼している先生から商品を提供されるということがほかのプロモーションとは違う大きな意味を持っています。
通常商品の案内や紹介を受ける時、小売店やECサイトでは利益のために商品の紹介が行われています。
そのため、人によってはどうしても営業色を感じてしまい、商品に対しての関心が落ちてしまう場合があります。
しかし、保育園の先生からの紹介であれば企業に直接関係がないためターゲットに営業色を感じにくい形で商品を知っていただけます。
また、子どもや保護者は普段から先生とコミュニケーションをとっています。
そのため、信頼関係を築いた状態で商品を紹介することで、商品に良いイメージを持って受け取り、体験してもらえるため、商品への関心を高めやすくなります。
 

メリット3【細かなセグメントができる】

ターゲットに細かくセグメントしても当たれることです。
保育園の子どもは0~5歳、保護者は20代後半から30代後半が大半をしめています。
保育園に来園する保護者の年齢や属性もある程度固まっているため、その中で該当するターゲットに確実に手渡すことが可能です。
また、保育園は全国に2万園以上あるため、保育園でのサンプリングは都道府県での切り分けだけでなく、市区町村まで行って展開することが可能です。
そのため、流通施策などで細かくエリアを指定してプロモーションを展開したい場合でも数量も多く展開することができ、効果が見込めるプロモーションを展開できます。

保育園サンプリング事例

万能調味料を働く保護者の食卓支援として保育園でサンプリング

日頃就労と育児で忙しく、日々の献立を考える時間や買い物の時間を時短できる商品として保護者に認知いただくきっかけをつくった。
信頼できる保育園から保護者のためになる商品として配布することで商品の信頼性を高めるプロモーションとなった。

訴求商材 万能調味料
商材の種類 食品・調味料サンプリング
配布ツール 万能調味料、レシピ付き商品紹介リーフレット
サンプリングルート 保育園
プロモーションターゲット 園児・保護者
実施エリア 全国
実施内容 先生から園児・保護者に手渡し配布
配布数 50,000部

※掲載許可を得た事例のみ掲載しています。

提案背景

時間がなく、でも家庭で食事をとりたい方に向けてのダイレクトにアプローチできる方法として保育園でのサンプリングをご提案。
保育園の保護者は仕事と育児の両立で時間がないものの、家庭で食事をとれるように動いている方が多いため、献立・調理時間短縮につながる商品としてアピールすることで商品の購買促進につながる。

受取手反応

女の人
毎日献立を考えるのにかなり労力がかかっていたのでレシピ付きでいただけるのはとても助かります。
今日早速使ってみたいと思います。
女の人
レパートリーが少なくて似たような献立ばかりになっていたのでありがたいです。
レシピもいろんな種類のものが記載してあったので、作ってみたいです。
女の人
料理が苦手で難しい料理はできないので、手軽にできる料理は助かります。
書いてあるレシピも簡単なものだったので、私でも簡単に作れそうです。

クライアント実施感想

男の人
自分の時間が少なく、情報収集する時間も限られてしまっているので商品への関心はあっても知る手段がなかったことが今回のサンプリングを実施してよくわかりました。
保育園はママがお迎えにきていて、かつママが料理も作っているという家庭が多かったので、今回商品を認知いただけたことで商品を活用したレパートリーを今後も作っていただくよい機会になったと思います。

考察

保護者にとって献立は日々抱えている大きな課題であり、それがケアできる商品としてサンプリングを実施したことで認識いただくきっかけになった。
実施したアンケートではサンプリング前は商品を認知していた方が1割程度と高いとは言えない状況ではあったものの、実施したことで商品を購入してみたいと感じた方は8割以上だったことから、良い商品アピールとなった。
情報収集する時間が限られているため、保育園など普段のルーティンで関わりがあり、信頼のできる施設から商品を展開することで商品のイメージも良く活用できるため、継続してサンプリングなどの体験機会をつくることで商品の購買、口コミ効果が期待できるプロモーションになると思われる。

資料ダウンロードはこちら
お問い合わせはこちら


保護者にインパクトサンプリングの効果が違う

アドクロの保育園サンプリングの特徴

豊富な実績

弊社は1995年の創業以来ルートプロモーションの新規開拓を常に行っており、現在は自社運営のメディアは業界最大クラスの200媒体以上保有しており、3,000件以上のプロモーションの実績がございます。
そのため、これまでの実績から最適なメディア、効果的な切り口の選択だけでなく、消費者にインパクトのあるプロモーションを展開するためのノウハウを蓄積しています。
保育園サンプリングではこれまで多くの実績があるだけでなく、施設担当者との関係を築いています。
保育園でサンプリングをするときにどういった点を注意するべきなのか、先生方はどういったツール、チラシにすればより反響を得やすいのかなど、安全かつ効果的なサンプリングを行うためのノウハウをこれまで蓄積しています。
例えば、これまでの実績で園内での教育に活用しやすいものや、育児・仕事で忙しい保護者の時短やQOL向上につながる商品は反響が良い傾向がございます。
日頃から衛生指導には時間を割いており、現在は園だけでなく家庭でも衛生意識も高まっているため保育士、保護者の関心も高くなっています。
こうした先生方が抱える悩みや園の現状を常に把握できるようにアンケートやヒアリングを行っています。
現場の状況を知らなければこうした情報は手に入れられません。
弊社はこれまでの実績だけでなく常に現場の情報収集を行うことで先生に刺さる切り口を常に理解できるようにアクションを起こしているため、本当に効果的な保育園サンプリングが行えます。
 

丁寧な進行管理

アドクロのサンプリングは丁寧な管理体制を敷いて案件の進行管理から報告までを行っています。
まず、弊社ではこれまでの実績でサンプリングに対して関心の高い施設、担当者を把握しており、交渉専属部署がサンプリング実施前に園の担当者に対してアプローチを行い、商品や本企画の趣旨について説明を行っています。
担当者が企画を前向きに受け入れていただける施設でのみ展開しているため、ターゲットが商品に対して好感を持っていただきやすい形で保育園サンプリングが展開できます。
また、サンプリング品が施設に到着した後は改めて担当者にアプローチを行い、サンプリング企画や商品について再度レクチャーを行っています。
サンプリング実施前に担当者に注意事項を伝え、モチベーションを高めたうえで展開するため、安心・安全で効果的なサンプリングとなります。
最後に弊社ではサンプリングごとに実施施設に対してアンケート実施・集計・報告を行っています。アンケートは選択式回答や自由回答など形式は問わず、メーカー様がヒアリングしたい内容でアンケートを実施することが可能です。
アンケートを実施することで配布した先生がターゲットから受けた生の声をご報告できるため、商品に対してのリアルな反応を知ることができます。
 

これまでの実績で反響が良かったもの

これまでさまざまな案件を実施してきましたが、ママに向けた商品と子どもに向けた商品は関心が高くなります。
特にママに向けた商品としては化粧品の反響は大きくなる傾向がございます。
日頃から家事や仕事で自身の時間を取るのが難しいため、自分の肌質が変わり、肌に合わなくなっても同じ化粧品を使っている方も多くいらっしゃいます。
自分にお金をかけることを減らしてしまうため、Webや自身で店舗にいって商品を試すことでのブランドスイッチのきっかけもなくなってしまいます。
そのため、保育園で提供した試供品を活用することは子育てママにとっては貴重な機会です。
ママ友同士の間でスキンケア商品はよく話題にあがる議題にもなるため、口コミ効果も期待できます。

子どもに向けた商品としては知育玩具や食品・飲料・お菓子などの評価が高い傾向があります。
多くの保育園は子どもが楽しく学べることを意識して指導を行っているため、
知育玩具は保育中、退園前などに活用いただきやすく、園児同士でも楽しめるため園内での話題喚起につながります。
退園後は保護者との話題にもあがり、クリスマスや誕生日のプレゼント候補などにも園児から保護者におねだりをするなど園児から商品の魅力を伝えることで購買に直結します。
食品・飲料・お菓子についてはアレルギーや好き嫌いを持っている園児が増えており、園や家庭でも与える食品・お菓子について悩みを抱えています。
普段から食育指導など「食」に関しての指導を行っている先生から国産原料やアレルギーフリーの安心・安全な商品として提供することで商品の信頼性を高められます。
子どもと一緒に買い物に行くため、スーパーやコンビニなどで園からもらった商品をねだられて購入したという保護者からの声も多くあがっているため、食品・飲料・お菓子の保育園サンプリングは効果的なプロモーションとなります。

お申込みからご報告までの流れ

クライアントと実施条件・スケジュールのお打ち合わせを行った上で進行管理いたします。
急な案件も柔軟に対応いたしておりますので、お気軽にご相談下さい。

申し込みまでの流れ
保育園・幼稚園施設数
日本地図

資料ダウンロードはこちら
お問い合わせはこちら

花
花

保育園サンプリングに関連するコラム

ルートサンプリングはターゲットに特定シーンでチラシや割引クーポン、商品などの販促物を配布し、消費者に認知・体験機会を生み出す手法です。
昔からある手法ではありますが、デジタルマーケティングの市場規模が拡大していく中、あらためて保育園・幼稚園・こども園で行うサンプリングは消費者とのリアルな接点づくりとして注目をあびています。
どういった点が評価いただけているのかを掘り下げて解説します。
親和性が高いターゲットに届くため効果的なプロモーションですが、保育園サンプリングがほかの多くのルートサンプリングと大きく違う点が2つあります。
 

1つ目の違いは

渡し手と受け手の信頼関係です。
保護者は入園前から見学、送迎、保護者会、園内イベントなど来園して先生とコミュニケーションをとる機会が多くあります。
自分とのコミュニケーションだけでなく、先生が子どもに対して指導しているシーンや他の保護者に丁寧に対応しているのを日々みることで先生に対しての信頼を深めていきます。
また、子どもは毎日通園し、園での出来事や先生についての保護者と話をします。
保護者がいないシーンでの話や子どもが毎日楽しく通園しているのを保護者は感じられるため、先生や園全体への信頼向上につながり、渡し手と受け手で強い信頼関係が構築されています。
 

2つ目の違いは

受け手のコミュニティの形成レベルが多数のルートを大きく上回っていることです。
サンプリングを行った商品について、受け取った方のコミュニティ内で話題になります。
これはママ友コミュニティが形成されているからです。
園児同士の仲が良い保護者、送迎の時間が近い保護者などはコミュニケーションをとる機会も多いため、受け取った商品について話題になります。

また、オフラインだけでなく、オンラインでも話題になります。
これはママ友コミュニティがSNSなどの発展を通じてネット上でも形成されるようになったからです。
対面していると話しにくいと感じてしまう保護者はこういった媒体を通じて情報を発信しており、同じ悩みを抱えている保護者同士が友人関係を形成しています。
保育園でもらった商品についても気にいった商品であれば、サンプリングをしていない保護者にも商品の魅力を伝えることができます。

このようにオンライン・オフライン問わず強い関係性のコミュニティが形成されているため、保育園・幼稚園・こども園でのサンプリングはコミュニティ内での話題喚起につながりやすく、商品の魅力を強く発信する手段にもなります。
また、子ども達もオフラインだけでなく、オンライン上で情報の発信を行っています。
遊び方は外遊び以外にもネット上に広がり、ボイスチャットやSNSなどでコミュニケーションをとる子も増えています。
そのため子どもに対してのアプローチでも全世界に広く発信される可能性を秘めています。

保育園での様子
ここからはママだけでなく、子ども達の間での話題喚起につながることによって起こるメリットをご説明します。
まず、情報共有と交流の促進が挙げられます。
保護者たちはサンプリング結果を通じて新しい情報やトピックを共有し、お互いにアドバイスを送りあったり、新たな知識を得たりすることができます。
これによって、コミュニケーションが活発化し、交流が生まれます。
さらに、サンプリング結果が話題になることで共感と絆の形成が促されます。
同じ悩みや関心事を抱えていることが分かれば、ママ友たちはお互いに励まし合ったり支え合ったりするため、ママ同士で絆が深まり、より強固な信頼関係が築かれるとともに、商品への信頼感も高めることにつながります。
また、子どもの成長への影響も重要視されます。保育園でのサンプリング結果が話題になると、新しい遊びや学習方法は園内での活動で見つかります。
子どもたちはこういった遊びから刺激を受け、興味関心を持ちます。
関心を持った方法について子ども達は遊び方について実践し、話すため、保護者の目や耳にも届きやすくなり、需要を刺激できます。
子ども達の健康や栄養に関する情報が共有されれば、子どもたちの健やかな成長をサポートすることができるため、ママたちの商品への関心・需要を高められます。
ママは日頃から子どもたちの健康に対して関心を持っているものの、情報収集については行いきれていません。企業から発信された正しい情報に対して関心を示しやすいため、商品とセットにして情報を発信することで子どもの健康管理に対して商品を活用いただきやすくなります。
さらに、サンプリング結果が話題になることでコミュニティ全体の活性化が促されます。
情報や話題を通じて交流が深まり、イベントや活動の企画が生まれることもあります。
これによって、より良い保育環境や地域コミュニティの発展に寄与することができるため、企業価値の向上にもつながります。

最後に、保育園でのサンプリング結果がママ友たちの間で話題になることは、ママ友の情報源としての役割を果たします。
弊社で保育園サンプリング時に展開したアンケートでは店頭での情報収集やママ友の口コミ(オンライン、オフライン問わず)によって商品の情報収集を行っている方が多くいらっしゃいました。
サンプリングを実施することはママ達に情報や知識を与えられるため、ママたちの中での商品の信頼度や専門性を高め、商品価値を正しくママたちに伝えることにつながります。
 

保育園サンプリングでより効果を高める方法は?

保育園でサンプリングを行う場合、どうしても指定いただいた期間で配り切りを行うことが多くなっていますが、一番効果的なアプローチは園のイベントのタイミングで配布していただくことです。
園には夏祭りや生活発表会、クリスマス会などさまざまなイベントがあります。
イベント実施時期は園によって変わってきますが、こういったイベントシーンでのサンプリング展開は特に効果的なアピールになります。
配布するために時間をとっていただけたり、特別なシーンで配布することで受け手にとって印象的なアプローチになります。
一年間に何度もそういったイベントはありますので、配布期間を2週間など短く限定せずに、ある程度配布期間をいただけた方が園側でイベント日に商品を渡していただきやすくなるため、受け手の印象に残りやすいプロモーションになります。
 

保育園サンプリングと幼稚園サンプリングは違う?

保育園と幼稚園で行うターゲットとして子ども、ママやパパをターゲットにできる。
という部分は共通していますが、細かい切り口で見ると違う部分が見えてきます。
例えば、保育園は0歳から満5歳までですが、幼稚園の園児は満3~満6歳までが通園しています。
例えばターゲットにしている年齢が2歳の商品を展開する場合、保育園はターゲットにしたい園児が多数在籍していますが、幼稚園は少なくなってしまいます。
また、保育園は延長保育などで幼稚園よりも園での滞在時間が長くなるため、提供した商品を園内で長時間活用いただきやすい傾向もあります。
子どもの年齢や園ごとの属性が違うため、子どもに対してアプローチを行う場合でも、ターゲットをより細かく分類してアプローチを行いたい場合は保育園と幼稚園を切り分けて考える必要があります。では、次に保育園と幼稚園で保護者の属性に違いはあるのでしょうか。
保護者の年齢としては保育園の保護者の平均年齢は父親36歳、母親33歳、幼稚園の保護者は父親37歳、母親35歳と年齢の差はほとんどありません。
大きな違いは保育園に在園している保護者は父親、母親ともに就労しており、幼稚園に在園している保護者は両親がともに就労しているとは限らないことです。
保育園や幼稚園の保護者ともに育児に忙しく、時間不足が課題となっていますが、働いている方に向けた商品を展開する場合、保護者の大半が就労している保育園でのサンプリングが特にマッチしています。

まとめ

これまでお伝えしてきた通り、保育園でのサンプリングは信頼関係を構築できているため、商品の信頼性、口コミ効果が期待できるプロモーションになります。また、施設としての属性もはっきりしており、教育機関という信頼のおける施設は、安心・安全に効果的なプロモーションを展開することができます。
子ども、ママやパパに向けたプロモーションはぜひ保育園サンプリングをご検討ください。

資料ダウンロードはこちら
お問い合わせはこちら

保育園サンプリング事例紹介

保育園サンプリング

保育園でキシリトール配合タブレット菓子をサンプリング事例

間食してもむし歯になりにくいお菓子として、保育園にてキシリトール配合のお菓子を配布。普段のおやつの時間にお菓子を試食いただくことで家庭での話題喚起につながり、販売促進が図れる。
保育園サンプリング

夏サンプリングのすゝめ~夏のオススメサンプリングルート、商品をご紹介~

夏季にサンプリングを行うことは、季節の特性を活かしたマーケティング戦略として非常に効果的です。本ページでは、夏にサンプリングを行う際の戦略や、様々な製品カテゴリーでの効果的な実施例についての情報を記載しています。
保育園サンプリング

保育園でレーズンをサンプリング事例

レーズンを子どもも美味しく食べられる健康的なおやつとして保育園の園児に配布。レーズンを使ったレシピをセットで配布することで、子どものおやつとしての機会増加を図った。
保育園サンプリング

保育園で泡ハンドソープをサンプリング事例

保育園で泡ハンドソープを配布し、手洗いの大切さを伝えた。特に現在は感染症対策が求められる中で、泡ハンドソープを活用することで手洗いの習慣を身につけるきっかけになり、商品の有用性を伝えられるプロモーション。
保育園サンプリング

ヘアケアマーケティング手法についてご紹介

ヘアケアマーケティングとはヘアケア商品の認知拡大、購買促進など顧客に向けたさまざまなアプローチです。本ページではヘアケア商品マーケティングの効果的なアプローチ方法やポイントを記載しています。
保育園サンプリング

エリアマーケティングとは?メリットやオススメ手法をご紹介

地域を限定することで消費者層が限定されるため、経済状況、競合状況、消費者層などを考慮して展開することで効果を高められます。本ページではエリアマーケティングメリットやおすすめの展開方法などエリアマーケティングについて詳しい情報を掲載しています。
保育園サンプリング

手渡しサンプリングとは?効果的なアプローチに必要なポイントをご紹介!

手渡し配布(サンプリング)は、直接消費者に製品サンプルを手渡すことによって製品の認知度を高め、購買を促進するマーケティング手法です。本ページでは、手渡し配布を用いたマーケティング戦略やその効果についてさまざまな情報を記載しています。
保育園サンプリング

保育園でスティックタイプ栄養食をサンプリング事例

働くパパ・ママの時短栄養補給商品として手軽に食べられるスティックタイプの栄養食を保育園の保護者にサンプリング。 朝から育児と仕事で忙しく、食事をとる時間がない時にもバランスの整った食品で手軽に栄養補給を行い、ヘルスケアにつながることを周知した。
保育園サンプリング

保育園でぬいぐるみをサンプリング事例

ぬいぐるみを保育園の園児に配布。クリスマスシーズン前にシリーズのあるぬいぐるみを配布することで、他の商品にも興味を持たせることで購買促進を図れる。
保育園サンプリング

保育園で携帯用除菌スプレーをサンプリング事例

保育園の園児保護者に携帯用除菌スプレーをサンプリング。冬場のインフルエンザなどの感染症が蔓延する前に除菌スプレーを手渡すことで、保護者に冬場の必須の商品として早いタイミングで認識いただき、商品購買につなげる。
保育園サンプリング

保育園で弱酸性ハンドクリームをサンプリング事例

保育園で園児と保護者を対象に、肌に優しい弱酸性ハンドクリームのサンプリング。このハンドクリームは敏感な肌を持つ子どもたちにも安心して使用できる弱酸性で、保湿効果が高く、手肌のケアに最適です。保育園では園児が日常的に手を洗う機会が多いため、ハンドクリームの需要は高く、サンプリングは商品の有効性を直接伝える良い機会となります。
保育園サンプリング

保育園でイチゴジャムをサンプリング事例

保育園でイチゴジャムをサンプリング。朝食にぴったりのジャムを使ったお子様の栄養バランスの良い食事をサポート企画とすることで、食習慣改善の一助となり、購買促進を図れる。
保育園サンプリング

保育園でシャンプー&コンディショナーをサンプリング事例

母の日にあわせ30~40代女性のヘアケア商材をダイレクトにアプローチするため、お母さんに書いたにがおえシートとシャンプー&コンディショナーのセットを保育園の園児にプレゼント。
保育園サンプリング

保育園でメイククレンザーをサンプリング事例

仕事や育児などで疲れた後のメイクケアが手間という方にその場ですぐにメイクが落とせるメイククレンザーを幼稚園・保育園でサンプリング。日頃から忙しいママに商品を活用いただくことで、家でのケア時間の時短につながるため、商品購買のきっかけづくりにつながった。
保育園サンプリング

保育園で手洗い石鹸をサンプリング事例

保育園にて園児に手洗い石鹸を配布。感染症拡大のために除菌機会増加したものの、正しく手洗い方法が分かっていない園児もいるため、正しい手洗い方法を記載したリーフレットをセットで渡すことでブランドイメージ向上を図り、商品の認知拡大、購買促進を図るプロモーション。
保育園サンプリング

教育機関でのサンプリングの重要性:効果的なアプローチとそのメリット

教育機関でのサンプリングは学生や保護者に向けて商品を認知させ、購買促進を図るための有効な活動を指します。特に学生生活に役立つアイテムや保護者の日常をサポートする商品を提供することで、商品の価値や利便性を直接体験してもらうことができます。例えば、文房具、衛生用品、健康食品など、教育現場で必要とされる日用品をサンプリングすることで、商品の実用性と信頼性を訴求することができます。本ページでは教育機関での効果的なサンプリング手法について、さまざまな情報を記載しています。
保育園サンプリング

保育園で飲むヨーグルトをサンプリング事例

飲むことで健全な発育を手助けできることを伝えるため、保育園の園児に飲むヨーグルトと飲む事の大切さを伝えるリーフレットを配布。成長するためにどういった栄養素の摂取が重要であるかを啓発することで、商品の購買促進につなげるプロモーション。
保育園サンプリング

保育園でブロック型の知育玩具をサンプリング事例

3歳から遊べるブロック型の知育玩具と知育玩具の効果、遊び方を記載したリーフレットをセットにして保育園の園児に配布。 子どもに与える玩具を悩んでいる保護者は多いため、子どもの創造性の育成に繋がる玩具として先生から手渡す機会を作ることで、購買に繋がるプロモーションを図れる。
保育園サンプリング

化粧品にマッチしたマーケティング手法についてご紹介

化粧品のマーケティングは商品属性やターゲットにあわせて展開方法が異なります。本ページでは変化している化粧品の消費者に向けたアプローチ方法や効果的な化粧品マーケティングについて記載しています。
保育園サンプリング

保育園でフルーツジュースをサンプリング事例

子どもでも美味しく飲めるフルーツジュースを保育園の園児にサンプリング。幼児期に必要な栄養摂取に役立ち、子どもも楽しめるため飲みたいと思うドリンクの幅が広がることで子ども、保護者から評価いただいた。また、普段から購入する家庭も多く現れるなど、販売促進につながった。
保育園サンプリング

保育園で無洗米をサンプリング事例

保育園にて園児に無洗米を配布。食育啓発として、自然で安全な無洗米を提供することで、家庭の食卓サポートとなり、今後の商品購入のきっかけづくりとなる。
保育園サンプリング

リマーケティングとは?メリットやオススメの手法をご紹介

リマーケティングは関心のあるターゲットにオンライン上でもう一度商品、サービスをアプローチし購買行動につなげるマーケティング手法です。本ページではリマーケティングのメリットやポイントなどについて解説しています。
保育園サンプリング

保育園で野菜ジュースをサンプリング事例

保育園での野菜ジュースの配布を通じて、園児に野菜摂取の重要性を啓もうし、健康な体を作るための意識付けをすることで商品の購買促進を図れる。
保育園サンプリング

保育園で園児に豆乳をサンプリング事例

カルシウムなど子ども必要栄養素の摂取サポートとして保育園の園児に豆乳をサンプリング。牛乳が苦手な園児や豆乳を飲んだことがない園児への豆乳のファーストタッチの機会となり、商品購入のきっかけになった。
保育園サンプリング

保育園でふりかけをサンプリング事例

給食や普段の食事でも使えるふりかけを保育園でサンプリング。食事の進みが遅い子どもや白米を苦手とする子どもに悩んでいる保護者に、家でも手軽に使える商品としてアプローチをし購入のきっかけをつくった。給食で試用したうえで保護者への配布を行い、何種類かの味があるため食事を楽しんでいただき園児同士のコミュニケーションのきっかけにも繋がったプロモーション。
保育園サンプリング

保育園で美容飲料をサンプリング事例

保育園で保護者に美容飲料を配布。保護者の方々に美容のケアをしていただき、保護者への慰労品として渡すことで保護者の美肌意識向上を図り、購買促進につながる。
保育園サンプリング

保育園で紙粘土をサンプリング事例

保育園での制作活動の一環として、園児たちに紙粘土を配布。子どもたちは、自分で作りたいものを自由に作って、創造力を発揮することで園児の創造性を育むことにつながった。また、紙粘土は安全で、手軽に作品を作れるため、保護者からの評価も得られた。
保育園サンプリング

保育園でアルファベットが学べるノートをサンプリング事例

小学校入学前の園児にアルファベットが学べるノートをプレゼント。小学校入学前から園児の学習機会を創出し、ノートの最終ページに英語が学べるアプリを記載することで、学習意欲増加を図るとともにアプリ登録者数増加を狙ったプロモーションが展開できる。
保育園サンプリング

保育園でクッキーをサンプリング事例

保育園で栄養価の高いクッキーを配布。子どもたちに美味しく食べてもらうことで、健康的な食生活を意識するきっかけをつくり、保護者へのアピールとなるサンプリング。
保育園サンプリング

保育園で野菜スープの素をサンプリング事例

日常的に料理をしている保護者に野菜スープの素と子どもの口に合う野菜スープレシピを保育園でサンプリング。普段の食事で子どもが野菜を苦手としていて悩む保護者が多いため、子どもの口に合うレシピと一緒に配布し購買のきっかけをつくった。家族に料理を作っている保護者に食育指導なども行っている先生から渡すことで本商品への信頼と健康意識を高めたプロモーション。
タイトルとURLをコピーしました