飲食店サンプリングとは?メリット3選と事例を紹介

飲食店サンプリングとは?メリット3選と事例を紹介 飲食店サンプリング

飲食店サンプリングとは?

飲食店サンプリングとは全国の飲食店で利用客、スタッフに向けて販促物などの配布物を直接手渡すことです。
飲食店は店舗数も多く、レストラン、カフェ、居酒屋、バーなど施設の特徴や客層も大きく異なります。
飲食店では店員と利用客の距離が近く、コミュニケーションをとる機会も多くなるため、スタッフからプロモーションで伝えたいメッセージを会話の中に含めてお渡しすることが可能です。
また、複数人で来店されている飲食店利用客にもお渡しすることでコミュニティ内での話題喚起だけでなく、SNSなどネット上での情報発信も期待できます。
飲食店サンプリングは施設ごとに来店者の属性がわかれており、施設の特徴にあった商品を展開することで特定ターゲットに企業・商品の認知、関心を高められるプロモーション手法です。

ルート 飲食店
ターゲット 利用者・スタッフ
展開方法・場所 スタッフから手渡し配布/設置配布
配布数 MIN5,000部~MAX100,000部
1施設平均人数 100人~2,000人
展開エリア 全国(都道府県でのセグメントも可能です)
実施期間 1クール約1か月~
実施メニュー ・常温商品サンプリング
・施設スペースにてタッチ&トライ
・施設内ポスター掲出
・アンケート
実施料金 実施内容により異なるのでお問い合わせください
お問い合わせはこちら

※アンケートは個人情報を伴わない物に限ります。
※実施料金 プロモーション内容により異なりますので、詳細つきましてはお問い合わせください。
※サンプリングの内容、商材により、実施可否およびMAX数は変動します。
※配布ツールは受取手が持ち帰りやすい重さ/荷姿でご用意ください。

資料ダウンロードはこちら
お問い合わせはこちら

飲食店サンプリングのメリット3選

メリット1【商品価値を高められる】

関心を引き出せる
飲食店では、スタッフと利用者の距離が近いため、直接的なコミュニケーションを通じて商品に対する関心を引き出すことが可能です。
メニューの紹介や、おすすめ料理の提案など利用者とコミュニケーションを取るタイミングで、商品のアプローチをすることで利用者の関心を高められます。

信頼性を高められる
スタッフと利用者の直接的なコミュニケーションは、商品の信頼性を高める効果もあります。
特に飲食店では、接客やサービスが直接的に利用者の満足度に影響するため、商品の信頼性を高めるコミュニケーションに期待できます。
 

メリット2【口コミ効果が期待できる】

リアル
コミュニティに対して同じ場所に長時間滞在するシーンでダイレクトにアプローチできるのも特徴です。
他のルートは個人での利用や施設に長時間滞在しないことも多くあり、手渡してもその場で活用いただけないこともあります。
しかし、飲食店は他のルートに比べて滞在時間も長く、1時間以上その場にいることも珍しくありません。
また、店舗を複数人のコミュニティで利用することも多くあります。
その際、来店時に商品を手渡すと動きが少ない場面で手に持った商品については話題に出しやすく、席についた際に商品についての話題につながりやすくなります。
また、待ち時間が発生している場合には同じものを他の利用客がもらっているのを見ることになるため、関心も高まります。
そのため、コミュニティでの関心が上がった状態で商品を手渡されることからグループに対して効果的なアプローチになります。

ネット
飲食店を利用する若い世代はSNSなどインターネット上で料理の写真やグループの写真を共有する傾向があります。
若い世代にマッチした商品を展開することでオンライン上での口コミや商品に関する情報発信に期待できます。
 

メリット3【施設利用者がすでにセグメントされている】

ターゲットについて
飲食店では、家族連れ、友人同士、カップルなど様々なグループでの利用があります。
それぞれのターゲット層に合わせた商品をサンプリングすることで、効果的に認知拡大することができます。
またグループでの利用が多いため、一度に多くのターゲットにアプローチすることが可能です。

施設のセグメント
飲食店は店舗も多いだけでなく、居酒屋、レストラン、カフェ、バーなど様々なジャンルに分かれており、ジャンルごとにターゲットも明確に変わってきます。
例えば居酒屋であれば複数人利用のM1、M2層、ビジネスマンが利用している割合が高くなります。
飲食店はジャンルごとに利用割合の高いターゲットが明確になっていることから、アプローチしたいターゲットにあわせてジャンルを決めて展開することで特定のターゲットに対して効果的にアプローチを行うことが可能です。

飲食店サンプリングの事例はこちら

アドクロの飲食店サンプリングの特徴

豊富な実績

弊社は1995年の創業以来ルートプロモーションの新規開拓を常に行っており、現在は自社運営のメディアは業界最大クラスの200媒体以上保有しており、3,000件以上のマーケティングの実績がございます。
そのため、これまでの実績から最適なメディア、効果的な切り口の選択だけでなく、消費者にインパクトのあるマーケティングを展開するためのノウハウを蓄積しています。
弊社は創業以来ルートサンプリングを展開してきましたが、より現場を理解し、受け取り手からの反響を得るためにはどうすべきか深く知るために店舗やスタッフ、お客様へのアンケート、提携店舗への研修などさまざまな工夫を行ってきました。
しかし、現場を運営する視点、現場の視点、受け取る側の視点すべてをさらに深く理解すべく、飲食店を複数店舗運営しています。
これにより、実施する際に現場からの脚色のない本当の声を知ることができるため、どういう点が利用客からの反響が良くなかったのか、どういう点が評価いただけたのか確かなノウハウを蓄積しています。
このノウハウを得たことで弊社は現場を活用してプロモーションを展開する際にどうすればさらに効果的なプロモーションになりえるのか判断ができるため、効果的なプロモーションを展開することができます。

また、直営店を構えているから対応できる範囲が広く、迅速な対応が可能です。
弊社ではプロモーション事業部の他にも外食事業部を持っており、都内にいくつも飲食店を展開しており、その中ではサンプリングだけでなく、メニュータイアップ、ポスター掲出、コースター設置などさまざまな展開方法で店舗でのプロモーションを実施してきました。
直営店で展開することが出来るため、どこまでの範囲であれば現実的に展開可能なのかすぐに判断ができ、クライアント様が理想としている展開方法を実施するためにはどういった方法を取ることで達成できるのか、考案・計画・実施までの流れをすべて弊社で進めることも可能です。
また、弊社は現場理解を深めるために店舗に出向いて最大1か月の研修を行っています。
直接自身で現場に立ち、現場を理解するだけでなく、店舗スタッフと連携もとりやすい体制を敷いているため、迅速な対応を行うことが可能です。
弊社は直営店でプロモーションを展開することができるため、どうすれば利用客からより反響を得やすくなるのか、展開する際どういった懸念点があるのか現場からの意見もヒアリングしたうえで展開できるため、コントロールが複雑な内容でも安心・安全で効果的なプロモーションとしてスピーディに展開することが可能です。
 

丁寧な進行管理

アドクロのサンプリングは丁寧な管理体制を敷いて案件の進行管理から報告までを行っています。
まず、弊社ではこれまでの実績でサンプリングに対して関心の高い施設、担当者を把握しており、交渉専属部署がサンプリング実施前に施設の担当者に対してアプローチを行い、商品や本企画の趣旨について説明を行っています。
担当者が企画を前向きに受け入れていただける施設でのみ展開しているため、ターゲットが商品に対して好感を持っていただきやすい形でサンプリングが展開できます。
また、サンプリング品が施設に到着した後は改めて担当者にアプローチを行い、企画について再度レクチャーを行っています。
サンプリング実施前に担当者に注意事項を伝え、モチベーションを高めたうえで展開するため、安心・安全で効果的なサンプリングとなります。
最後に弊社ではサンプリングごとに実施施設に対してアンケート実施・集計・報告を行っています。
アンケートは選択式回答や自由回答など形式は問わず、メーカー様がヒアリングしたい内容でアンケートを実施できます。
アンケートを実施することで配布した担当者がターゲットから受けた生の声をご報告できるため現場からあがったリアルな反応を知る機会になります。

資料ダウンロードはこちら
お問い合わせはこちら

飲食店サンプリングでよくある質問【Q&A】

質問1

Q
今すぐにでも施設を集めて実施したいけどできますか?
A
弊社は自社で案件の交渉から管理、運営まで行っており、迅速に施設の獲得、展開できます。
展開数にもよっても変わりますが、サンプリングツールの倉庫への納品などがスムーズに行えるようでしたら(最短5日)月曜日に発注いただければ金曜日に施設への納品まで済ませられます。
月末までに配り切りたい、予算消化をすぐに行わなくてはいけない、他社には断られてしまったなど、お困りのクライアント様はぜひ一度ご相談ください。

質問2

Q
配布予定だったがトラブルで配布しきれなくなった。なんとかできませんか?
A
もちろん対応可能です。
弊社はさまざまなルートを保有しており、展開したいルートなど詳細をいただければ弊社の保有ネットワークを活用して交渉、施設の獲得、配布まで円滑に行わせていただきます。

質問3

Q
どの業界がサービスを利用していますか?
A
さまざまな業界の方が弊社のサービスを利用いただいておりますが、特に多いのは食品、飲料、化粧品のメーカー様になります。
実際に一度利用してみないと消費者に商品価値が伝わっていない、多数ある商品の中で消費者が自分に一番マッチしているのかがわかっていない方も多いため、一度の認知体験機会を与えることで購買につながります。

【Q&A】よくある質問はこちら

どんな商材が向いてる?

口臭ケアタブレット

特に飲食店利用後はエチケット商品の関心が高くなります。
居酒屋などを利用した後はそのまま自宅に帰るにしても、ホテルに戻るにしても翌日に口臭を気にしたくない方の割合が増えます。
特に冬場や花粉症シーズンはマスクを日常的に着用している方も多く、口臭ケアができないことを体感するシーンも増え、自身が不快感を覚えるとともに他者にマイナスの印象を与えないか不安を覚えるため、飲食店でエチケット商品の提供を行うとすぐに活用いただけます。
 

二日酔い止めドリンク

飲食店、特に居酒屋などでアルコールを提供している場所では、二日酔い対策ドリンクの需要が高まります。
利用者は飲み会の最中や帰宅前に試すことができ、効果を実感することができます。
グループでの利用が多いため、一人が試して良いと感じれば他のメンバーにも勧めやすく、商品の情報拡散に期待できます。
 

ルートにマッチしている商材

飲食店はエチケット商品や食後のケア商品を提供するのに最適な場所です。
利用者は食事や飲み会での楽しい時間を過ごしている最中なので、ポジティブな気持ちで新しい商品を試すことができます。
スタッフとの距離が近いため、商品の説明を直接伝え、効果的に商品をアピールすることが可能です。
また、グループでの利用が多いため、商品の共有と口コミ効果が期待できます。

資料ダウンロードはこちら
お問い合わせはこちら

他の広告手法よりなにが優れてる?

テレビCM

テレビCMは広範な視聴者にアプローチできるため、ブランドや商品の知名度を迅速に高められます。
また、魅力的なビジュアルや音声効果を活用して感情的な面でのつながりを生み出し、消費者の関心を引き出します。
さらに、特定のターゲット層に向けて放送枠を選択して、効果的なターゲティングが可能です。
テレビCMは信頼性の象徴でもあり、信頼性が高まって購買意欲が刺激され、売上を増加させる助けになります。
最後に、競合他社との差別化を図り、ブランドを際立たせるなど、テレビCMは広く魅力を伝えるのに役立つマーケティング手法です。
 

Web広告

ターゲット層を効果的に特定し、広告を表示するための高度なターゲティングオプションがあるため、広告効果が向上し、リーチを高められます。
また、リアルタイムのデータ分析を通じてキャンペーンを最適化でき、ROIを向上させられます。
さらに、ウェブ広告は比較的低コストで展開でき、予算に応じて調整が可能です。
そして、広告の効果を詳細に追跡できるため、成果を定量的に評価しやすく戦略の改善が容易など、Web広告は効果的なマーケティング手法です。
 

ポスティング

地域密着型の広告展開が可能で、特定の地域やコミュニティにダイレクトにアプローチできます。
これにより、地元の消費者とのつながりを築くことで、エリアマーケティングには特に有効です。
また、ポスティングは比較的低コストで実施でき、多くの人々に広告を届けられます。
目に見える物理的な広告は、オンライン広告とは異なる視覚的なインパクトを持っており、視認性が高いため消費者の興味を引きやすくなります。
ポスティングはターゲット市場にリーチしやすく、低コストで地域密着型ビジネスやイベントなどのマーケティングを成功させるのに適したマーケティング手法です。
 

サンプリングと他マーケティングとの違い

サンプリングはリアルプロモーションだけでなく、CMやWebなどを含めた他のマーケティングの中でも特に商品やサービスに適したターゲットにダイレクトにアプローチできる手法です。
サンプリングは、直接的な体験を提供し、消費者やコミュニティに対してインパクトのあるアプローチとなります。
体験機会を提供することで、信頼性を高められるだけでなく、関心を高められます。
また、直接消費者から商品についてのリアクションなどリアルな情報を得られるため、改善や関心の高いポイントについて情報収集を行えるなどさまざまな情報が得られます。
さらに、即時な影響を持ち、口コミなどによってコミュニティへの情報発信が行われるため、競争優位性を築く手段としても活用されるなど、市場での競争力を高めやすいマーケティング手法です。

サンプリングのデメリット

サンプリングのデメリットはコストがかかります。
試供品の製造、包装、配送などが費用と時間を必要とします。
また、一部の受取人が試供品を受け取るだけで、実際に購入しない可能性もあるため、無駄なコストになってしまう場合があります。
また、競合他社も同様のサンプリングを行う可能性があるため、市場での注目度を維持するために継続してアプローチする必要があります。
そのため、継続して展開することでコミュニティにとっては特に印象深く、親しみのある商品として地位確立につながるため、さらにシェア率を高めるチャンスでもあります。

まとめ

これまでお伝えしてきた通り、飲食店でのサンプリングはスタッフと利用者の距離が近いことから、直接的なコミュニケーションを通じて商品の特長や魅力を効果的に伝えることができます。
利用者が複数人で訪れることが多いため、一度のサンプリングで多くの人々にリーチすることが可能です。
飲食店は人々がリラックスして食事を楽しむ場所であるため、ポジティブな雰囲気の中で商品を紹介できます。
また、飲食をすること自体が社交的な活動であるため、利用者同士で商品について話し合うことも期待できます。
これにより、商品の認知度向上と共に、口コミ効果も得られる可能性が高まります。
また、ジャンルも広く、ジャンルを指定することでターゲットを明確にしてアプローチすることが可能です。

幅広い世代に向けたアプローチはぜひ飲食店サンプリングをご検討ください。

資料ダウンロードはこちら
お問い合わせはこちら

飲食店サンプリング事例紹介

飲食店サンプリング

ミントフレーバーのキャンディを食後に飲食店でサンプリング事例

食事の終わりやお会計時にミントフレーバーキャンディをサンプリング。心地良い爽やかさと口当たりの良さで、食後の口の中をリフレッシュすることで、商品の購買のきっかけになる。
飲食店サンプリング

においケアタブレットを食後のエチケット商品として飲食店でサンプリング事例

焼き肉や居酒屋などの飲食店を中心にお客さまににおいケアタブレットを配布。外食後の口臭が気になるタイミングで商品を渡すことができるため、商品の印象を残すサンプリングが展開できる。
飲食店サンプリング

二日酔い対策ドリンクを飲酒後のケアとして飲食店・居酒屋でサンプリング事例

飲食店にて二日酔い対策ドリンクをサンプリング。アルコール分解を助ける成分を配合していることから、居酒屋を中心に展開することでアルコール摂取後に良い商品として商品の認知拡大を図った。
飲食店サンプリング

オーラルケアガムを食後の口内ケアとして飲食店でサンプリング事例

オーラルケアガムを飲食店で会計時のタイミングでサンプリング。手軽にできる口内ケア商品として渡すことで飲食店のCS向上、商品価値を高めるサンプリングとして展開できる。
タイトルとURLをコピーしました