スムージーを朝食を抜きがちな学生へのケアとして大学でサンプリング

大学サンプリング

一人暮らしが増え、朝食を抜いてしまいがちが大学生に手軽に食べれる朝食としてスムージーをサンプリング。時間がない、量が食べれないので昼食まで食事を取らないという学生にもアプローチすることできるため、新規ユーザー獲得につながるサンプリングを実施できる。

訴求商材 スムージー
商材の種類 食品・調味料サンプリング
配布ツール スムージー、商品紹介リーフレット
サンプリングルート 大学
プロモーションターゲット 学生
実施エリア 全国
実施内容 キャリアセンターで学生に設置配布
配布数 5,000部

※掲載許可を得た事例のみ掲載しています。

提案背景

若い世代への商品認知が薄いのが課題だったため、若年層で朝食への意識が薄くなりがちな大学生へのサンプリングをご提案。朝食をとる必要性を載せたリーフレットもセットで渡せる形にすることで商品価値の訴求につながるプロモーションを展開できる。

受取手反応

最近朝食食べてなかったけど、スムージーなら簡単だし食べられそうです。

朝食を食べないので午前中の授業が大変なことがあるので、スムージーでも摂取するようにします。

スムージーは昔食べたときにあまり好きじゃなったんですが、小さい時だったので今日もらえたものを試しに食べてみます。

クライアント実施感想

今回直接学校のスタッフの方から渡してもらえたので商品への印象は良いものになったと思います。自分が信頼している人、場所から商品をもらえる展開方法と街頭での配布でどの程度商品への信頼感が変わるのか統計が取れたら面白いと思いました。

考察

若年層へのアプローチとして特に朝食を抜きがちな大学生にアプローチした結果、学生からはサンプリングに対して、朝食への意識を改めたいと思ったという声も多く、商品の理解促進とともに購買につながるプロモーションになったと思われる。若年層へのアプローチとして大学で展開したが、健康について考えるビジネスマンは多いため、人間ドック・健診センターなどの健康を意識するルートでのサンプリングも効果を得られると思われる。

お問い合わせはこちら

タイトルとURLをコピーしました