塩分補給タブレットを熱中症対策として小児科の患者にサンプリング

小児科サンプリング

小児科に来院する小児患者、またはその保護者に熱中症対策指導とともに塩分補給タブレットを配布。コロナ禍でマスク着用により喉の渇きに気づきにくくなった結果、熱中症が増えているため、院内で熱中症/脱水症への啓発とともに塩分補給タブレットを渡すことで商品価値を訴求し、夏場の外出時の必須商品として認知拡大を図れる。

訴求商材 塩分補給タブレット
商材の種類 菓子サンプリング
配布ツール 塩分タブレット
サンプリングルート 小児科
プロモーションターゲット 小児患者、保護者
実施エリア 全国
実施内容 医療従事者から小児患者、またはその保護者に医療従事者から手渡し配布
配布数 30,000部

※掲載許可を得た事例のみ掲載しています。

提案背景

夏場に体調を崩してしまった小児患者がすぐに体調を崩さないためのケアとして、小児科の医療従事者から手渡しでもらうことで商品価値を小児患者の保護者に訴求できるということでご提案。

受取手反応

アメ貰えて嬉しかった!

夏場のケアとして飲み物をすぐに考えてしまいますが、塩分についてもしっかりケアしていきたいと思います。

塩分タブレットは今まで渡してきませんでしたが、今後は外に出る時持たせるようにしたいと思います。

クライアント実施感想

街頭での配布も確かに良かったが、体調が悪くなってい待っているからこそ、ヘルスケアに繋がる商品への関心が高まっているため、今回のサンプリングを通して外出時に必須の商品としての認識を少し広められたと思う。

考察

外出時に塩分補給商品を持たない家庭もいるため、塩分やクエン酸などを接種することで熱中症や脱水症を予防することが伝えることで、本プロモーションによって塩分タブレットの有用性が消費者に届くサンプリングになった。夏場の体調ケア商品として今後も認知拡大を図っていくため、毎夏継続的に実施することでロイヤリティを高められていくと思われる。

お問い合わせはこちら

タイトルとURLをコピーしました